出石食べ歩きマップ
来のそばに、宝永3年(1706)信州上田城主・仙石氏と出石城主・松平氏とのお国替えの際に仙石氏がそば職人を連れてきたことで、その信州の技法が加えられた事が始まりとされている。江戸末期より白い出石焼の小皿に盛り付け5皿一組を1人前として提供し、追加については、枚数をいって追加する。「挽きたて・打ちたて・ゆがきたて」の三たてを信条とし、「だしちょこ」にだし・ねぎ・卵・わさび・やまいも等をお好みに混ぜ合わせ食べる。 箸の高さまで食べると、「そば通」と称される。コシがあって、そばの香りも豊かな「出石皿そば」是非ご賞味ください。

下記のマップを印刷してお使いいただくことも可能です。




出石イラストマップを差し上げます!

ご希望の方はE-mailにて、〒・住所・氏名をご連絡ください

戻る